過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

薬剤師「薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 40問 正解) 全問正解まであと40問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
65歳男性。
血液透析が施行されており、以下の薬剤を処方されていた。

セベラマー塩酸塩錠に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。
問題文の画像
   1 .
主薬は、消化酵素で分解されて活性体となる。
   2 .
主薬は、カチオン性ポリマーである。
   3 .
主薬は、水に速やかに溶解する。
   4 .
胃で作用する製剤である。
   5 .
浸透圧を利用して主薬を放出する。
( 薬剤師国家試験 第99回 薬学実践問題(薬理/実務、薬剤/実務) 問285 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解:2

1 セベラマー塩酸塩は分解されることなく作用を示します。

2 セベラマー塩酸塩はポリカチオン性のポリマーです。

3 セベラマー塩酸塩は溶解することなくリンと吸着し排泄されます。

4 胃ではなく腸で作用を示します。

5 セベラマー塩酸塩はリンと吸着することで高リン血症を治療します。浸透圧は関係ありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
選択肢1:×
セベラマー塩酸塩は分解されずに作用します。

選択肢2:○

選択肢3:×
セベラマー塩酸塩は溶解せず膨潤します。

選択肢4:×
作用するのは胃ではなく腸管です。

選択肢5:×
浸透圧を利用して主薬を放出するというのは、オロスという製剤技術についての記述です。
セベラマーはオロスではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。