薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師 薬学理論問題(病態・薬物治療) の過去問 ランダム出題

問題

1周目(0 / 29問 正解) 全問正解まであと29問
以下の図は、3群以上の間で仮説検定を行う場合のデータの種類に応じた仮説検定法の選択とその順序の概要を示したものである。図の①,②,③の組合せとして適切なのはどれか。1つ選べ。なお、post hoc多重比較検定には、Tukeyの検定、Scheffeの検定、Dunnettの検定などが含まれる。
 1 . 
① post hoc多重比較検定   ② Kruskal-Wallis検定   ③ 一元配置分散分析
 2 . 
① post hoc多重比較検定   ② 一元配置分散分析    ③ Kruskal-Wallis検定
 3 . 
① 一元配置分散分析     ② Kruskal-Wallis検定   ③ post hoc多重比較検定
 4 . 
① 一元配置分散分析     ② post hoc多重比較検定  ③ Kruskal-Wallis検定
 5 . 
① Kruskal-Wallis検定    ② 一元配置分散分析    ③ post hoc多重比較検定
 6 . 
① Kruskal-Wallis検定    ② post hoc多重比較検定  ③ 一元配置分散分析

この薬剤師 過去問の解説

まだ、解説の投稿はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。