薬剤師国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

薬剤師 薬学実践問題(病態・薬物治療/実務) の過去問 ランダム出題

問題

1周目(0 / 19問 正解) 全問正解まであと19問
25歳女性。急性骨髄性白血病に対して同種造血幹細胞移植術が施行された。
ある時期から38℃以上の発熱が10日間以上続き、肺右下葉の気管支肺胞洗浄液の所見に基づいて侵襲性肺アスペルギルス症と診断された。なお、この診断がなされた時点での患者のクレアチニンクリアランス値は20.5mL/minであった。

この患者に対して、イトラコナゾール注射剤は使用できないと病棟薬剤師は判断した。その理由として、正しいのはどれか。1つ選べ。なお、イトラコナゾール注射剤には、1%イトラコナゾールの他に添加剤としてヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン、ブロピレングリコール、塩酸を含む。
 1 . 
イトラコナゾールがアスペルギルス症に対して無効であるため
 2 . 
イトラコナゾールが腎排世型薬物であるため
 3 . 
イトラコナゾールが肺に移行しないため
 4 . 
添加物が腎機能を低下させるため
 5 . 
添加物が造血幹細胞の増殖を抑制するため
 6 . 
添加物に催奇形性があるため

この薬剤師 過去問の解説

まだ、解説の投稿はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この薬剤師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。