過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20834問」を出題

問題

[ 設定等 ]
既製杭の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
中掘り杭工法における掘削沈設では、最終打撃の場合は締固められた杭先端地盤がボイリングによってゆるまないように、オーガ引抜き時に土砂を杭中空部内に残さないようにする。
   2 .
中掘り杭工法における掘削沈設では、砂質土層の場合ボイリングが生じやすいので、支持層手前から杭中空部に注水しながら掘削するようにする。
   3 .
プレボーリング杭工法における杭の沈設では、杭が所定の深さ以上に自沈することのないように、試験杭での確認結果に基づき、一定の時間杭を所定の位置に保持するようにする。
   4 .
プレボーリング杭工法におけるロッド引上げでは、拡大根固め球根築造完了後、オーガ駆動装置を正回転に戻してから杭周固定液の注入を開始するようにする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
1、誤り。
中掘り杭工法と、先端解放の杭に孔壁を保護させ、杭内部のオーガにより掘削を行なう方法であり、掘削と同時に杭を沈設する方法です。
掘削沈設では、先端閉塞効果が確保できるようにオーガ引抜き時、砂を杭中空部内に残すようにする必要があります。

2、設問の通り。
中掘り杭工法における掘削沈設では、ボイリングの発生を防止する対策として、支持層手前から杭中空部に注水しながら掘削することが効果的です。

3、設問の通り。
プレボーリング杭工法とは、
孔壁の崩壊を泥水で防止させオーガで掘削した後に、根固め液を注入して杭を沈設する方法です。
杭が所定の深さ以上に自沈することのないように、試験杭での確認結果に基づき、一定の時間杭を所定の位置に保持する必要があります。

4、設問の通り。
プレボーリング杭工法では、所定掘削位置でオーガ駆動装置を逆回転させて、拡大根固め球根築造完了後のロッド引上げ時に、オーガ駆動装置を正回転に戻してから杭周固定液の注入を開始するようにします。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
〇中堀り杭工法は、支持層付近で根固め液の施工を行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。