過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20867問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼構造物塗装の塗重ねに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
塗重ね間隔は、塗料ごとに定められており、その間隔は付着性をよくし良好な塗膜を得るために重要な要素である。
   2 .
塗重ね間隔が長すぎると、下層塗膜の乾燥硬化が進み、塗り重ねる塗料との密着性が低下し、後日塗膜間でにじみが生じやすくなる。
   3 .
塗重ね間隔が短いと下層の未乾燥塗膜は、塗り重ねた塗料の溶剤によって膨潤してしわが生じやすくなる。
   4 .
塗料の乾燥が不十分なうちに次層の塗料を塗り重ねると、上層塗膜にあわや膨れが生じることがある。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
1、設問の通り。
塗重ね間隔は、塗料の種類や組み合わせによって異なります。そのため、塗重ね間隔を表示しておくことが望ましいです。

2、誤り。
塗重ね間隔が長すぎると、塗膜間で剥離しやすくなるが、にじみが生じにくくなります。

3、設問の通り。
塗重ね間隔が短いと下層の未乾燥塗膜は、塗り重ねた塗料の溶剤によって膨潤してしわが生じやすくなります。

4、設問の通り。
塗料の乾燥が不十分なうちに次層の塗料を塗り重ねると、下層塗膜中の溶剤の蒸発により、上層塗膜にあわや膨れが生じることがあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
〇重ね間隔が長くなると、耐候性の少ない下塗り塗膜は太陽光等の影響で劣化し、塗膜厚が厚くなり、その上に塗られる塗膜と付着が悪くなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。