過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20874問」を出題

問題

[ 設定等 ]
労働安全衛生法上、作業主任者の選任を必要としない作業は次のうちどれか。
   1 .
長さが18mの既製コンクリート杭のくい打ちの作業
   2 .
高さが6mの足場の組立て、解体の作業
   3 .
掘削深さが4mの土止め支保工の切りばり、腹起こしの取付けの作業
   4 .
掘削面の高さが3mの地山の掘削(ずい道及びたて坑以外の坑の掘削を除く)の作業
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成25年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
1.くい打ちの作業は作業主任者の選任を必要としません。よって、1が正解です。
2.高さが5m以上の足場の組立て・解体の作業は、足場の組立等作業主任者の選任を必要とします。
3.土止支保工の切梁・腹起しの取付け・取外し作業は、土止支保工作業主任者の選任を必要とします。
4. 掘削面の高さが2m以上となる地山掘削作業は、地山掘削作業主任者の選任を必要とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 1 です。
くい打ちの作業は作業主任者の選任を必要としません。

その他の選択肢は以下の通りです。

2 足場の高さ6mではなく、5mです。

3 土留支保工作業主任者の選任を必要とします。

4 掘削面の高さが2m以上となる地山掘削作業は、地山掘削作業主任者の選任を必要とします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。