過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20954問」を出題

問題

[ 設定等 ]
山岳工法によるトンネルの掘削工法に関する次の記述のうち,適当でないものはどれか。
   1 .
補助ベンチ付き全断面工法は、全断面工法では施工が困難となる地山において、ベンチを付けることにより切羽の安定をはかるとともに、上半、下半の同時施工により掘削効率の向上をはかるものである。
   2 .
側壁導坑先進工法は、ベンチカット工法で側壁脚部の地盤支持力が不足する場合、及び土被りが小さい土砂地山で地表面沈下を抑制する必要のある場合に適用される。
   3 .
中壁分割工法は、左右どちらか片側半断面を先進掘削し、掘削途中で各々のトンネルが閉合された状態で掘削されることが多く、切羽の安定性の確保とトンネルの変形や地表面沈下の抑制に有効である。
   4 .
ショートベンチカット工法は、全断面では切羽が自立しないが、地山が安定していて、断面閉合の時間的制約がなく、ベンチ長を自由にできる場合に適用する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1.設問のとおりです。トンネル掘削方式の一つで,トンネルの完成断面となる形状(全断面)を一度に掘削する方式が全断面方式です。補助ベンチ付き全断面工法は底部を残して切葉の安定を図る掘削する方式です。

2. 設問のとおりです。側壁導坑先進工法はトンネルの壁面部分から掘り進め、矢板工法・NATM工法によって側壁を築いてから全面を掘削する方法です。湧水などで軟弱な地質に適応できます。

3. 中壁分割工法は片側半断面を掘削し、断面を仮閉合することによって、変形や沈下を防ぐ工法です。

4. 誤りです。ショートベンチカットは一般的に多く用いられる工法で、ベンチ長さはトンネル直径の5倍以下とされています。また、ミニベンチカットはベンチ長さをトンネル径以下し、早期に閉合を必要とする場合に用いられます。「断面閉合の時間的制約がなく,ベンチ長を自由にできる」の部分が誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。