過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第20995問」を出題

問題

[ 設定等 ]
墜落による労働災害を防止するための安全ネット(防網)に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
高さが2m以上の作業床の開口部などで囲いや覆いなどの設置が著しく困難な場所などで作業するときは、安全ネットを設置し、更に安全帯を使用するなどして墜落を防止する。
   2 .
過去に人体又はこれと同等以上の重さを有する落下物による衝撃を受けた安全ネットについては、所定の強度があることを確認した上で使用する。
   3 .
安全ネットは、使用開始後1年以内及びその後6箇月以内ごとに1回、定期に試験用糸についての等速引張試験を行い、所定の強度があることを確認し使用する。
   4 .
安全ネットの取付けは、ネット周辺の支持間隔などからネットの垂れ、ネットと地表面及び作業床の垂直距離を計算し、設置方法が妥当であることを確認し設置する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成26年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1.正しい記述です。

2.誤りです。
  再使用してはいけません。
  他に、破損した部分が補修されていないネット、強度が不明なネットも使用してはいけません。

3.正しい記述です。
  使用状態の近似した多数のネットがある場合、そのうちの5枚以上を無作為に抽出し等速引張試験を実施すれば、他のネットについては省略することができます

4.正しい記述です。
  「墜落による危険を防止するためのネットの構造等の安全基準に関する技術上の指針」に示されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。