過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21030問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼道路橋の架設作業に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
部材の組立に使用する仮締めボルトとドリフトピンは、架設応力に十分耐えるだけの本数を用いるものとし、片持ち式架設の場合の本数の合計はその箇所の連結ボルト数の20%を原則とする。
   2 .
部材の玉掛けを行う場合には、部材及び吊金具に過大な応力や変形が生じないように配慮して、適切な吊り形式により作業を行うものとする。
   3 .
高力ボルトの締付けは、接合面の処理、継手部材間の肌すき、ボルトの締付け方法及び締付け順序などに十分注意して、所定の締付け力を導入する。
   4 .
I形断面部材を仮置きする場合は、転倒ならびに横倒れ座屈に対して十分に配慮し、汚れや腐食に対する養生として15cm以上地面より離すものとする。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1. × 誤りです。
片持ち式架設の場合の本数の合計はその箇所の連結ボルト数の1/3を原則とします。

2 . 〇 設問の通りです。
部材の玉掛けを行う際には、適切な吊り形式により作業を行うものとし、部材及び吊金具に過大な応力や変形が生じないように配慮する必要があります。

3 . 〇 設問の通りです。
高力ボルトの締付けは、過大な力で締付を行うとボルトが損傷する恐れがある為、所定の締付け力で行い、接合面の処理、継手部材間の肌すき、ボルトの締付け方法及び締付け順序などに十分注意して作業を行う必要があります。

4 . 〇 設問の通りです。
I形断面部材を仮置きする場合は、転倒ならびに横倒れ座屈に対して十分に配慮し、汚れや腐食に対する養生として15cm以上地面より離します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1. 誤りです。片持ち式架設の場合、部材の組立に使用する仮締めボルトとドリフトピンとの合計は、その箇所の連結ボルト数の1/3を用いるのを標準としています。

2 .設問の通りです。 部材の玉掛けを行う場合には、部材及び吊金具に過大な応力や変形が生じないようにバランスが取れているか確認した上で、適切な吊り形式により作業を行うものとします。

3 . 設問の通りです。 高力ボルトの締付けを行う場合には、接合面の処理、継手部材間の肌すき、ボルトの締付け方法及び締付け順序などに十分注意して、所定の締付け力を導入します。

4 . 設問の通りです。 I形断面部材を仮置きする場合は、転倒ならびに横倒れ座屈に対して十分に注意し、汚れや腐食に対する養生として15cm以上地面より離すものとします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。