過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21050問」を出題

問題

[ 設定等 ]
トンネルの山岳工法における覆工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
型枠の取外し時期を決定するコンクリートの材齢強度は、標準養生の供試体を用いた試験によって確認した強度とする。
   2 .
覆工コンクリートの打込みは、施工体制や型枠の剛性を考慮した適切な打上がり速度で打ち込み、型枠に偏圧がかからないよう左右均等に、できるだけ水平に連続して打ち込む。
   3 .
天端部のコンクリートの打込みでは、天端部背面に空隙を残さないために、空隙の発生しそうな部分には空気抜きなどの対策を講ずる必要がある。
   4 .
覆工の施工時期は、内空変位が収束したことを確認した後に施工することを原則とするが、膨張性地山の場合には変位収束を待たずに早期に覆工を施工する場合もある。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1 . 誤りです。型枠の取外し時期を決定するコンクリートの材齢強度は、養生条件を実際の現場条件と合わせた供試体などにより強度特性を把握し、確認することが必要です。

2 . 設問の通りです。覆工コンクリートの打込みは、型枠に偏圧がかからないよう左右均等に、できるだけ水平に連続して打ち込みます。

3 . 設問の通りです。天端部のコンクリートの打込みでは、天端部背面に空隙を残さないために、空隙の発生しそうな部分には空気抜きなどの対策を講ずる必要があります。

4 . 設問の通りです。覆工の施工時期は、内空変位が収束したことを確認した後に施工することを原則とするが、膨張性地山の場合には早期に覆工を施工する場合もあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.誤りです。型枠脱型のほとんどが間接的な管理方法(材齢による管理、あるいは供試体による管理)によるものです。養生条件を同じにした供試体(温度・風等)から、コンクリートの型枠脱型に適した強度を確保できているか確認します。

2.設問の通りです。コンクリートの打設は、型枠に偏圧がかからないように、左右対称に出来るだけ水平に打込む必要があります。

3.設問の通りです。天端部のコンクリートの打込みでは、天端部背面に空隙が出来る事が懸念されるので、本文の通り空気抜きなどの対策を講ずる必要があります。

4.設問の通りです。内空変位測定及び沈下測定は、初期段階でおおむね1日に1〜2回程度が標準です。また切羽から離れるに従い順次減少させるのが、一般的です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1 . × 誤りです。
型枠の取外し時期を決定するコンクリートの材齢強度は、同じ養生条件にした供試体で強度を確保できるか確認します。
よって、テストピースが必要となります。

2 . 〇 設問の通りです。
覆工コンクリートの打込みは、施工体制や型枠の剛性を考慮した適切な打上がり速度で打ち込み、型枠に偏圧がかからないよう左右均等に、できるだけ水平に連続して打ち込みます。

3 . 〇 設問の通りです。
天端部のコンクリートの打込みでは、天端部背面に空隙を残さないために、空隙の発生しそうな部分には空気抜きなどの対策を講ずる必要があります。

4 . 〇 設問の通りです。
覆工の施工時期は、内空変位が収束したことを確認した後に施工することを原則とするが、膨張性地山の場合には変位収束を待たずに早期に覆工を施工する場合もあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。