過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21059問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼道路橋の現場塗膜除去の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜にはく離剤成分を浸透させるので、既存塗膜の膜厚が大きい場合、塗付時及び塗膜浸透時の気温が低い場合には塗膜はく離がし難いことがある。
   2 .
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜をシート状に軟化させ塗膜を回収するので、塗膜ダストや騒音が発生しない。
   3 .
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜を溶解して除去する従来の塗膜はく離とは異なり、高級アルコールを主成分とするため毒性及び皮膚刺激性が少ない。
   4 .
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗替えの素地調整程度1種相当のブラスト法と比較すると、さびや黒皮、長ばく形エッチングプライマーによる塗膜や旧塗膜の除去に優れている。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1 . 設問の通りです。環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、既存塗膜の膜厚により必要量が変動します。また、塗付時及び塗膜浸透時の気温が低い場合には塗膜はく離がし難いことがあります。

2 . 設問の通りです。環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜をシート状に軟化させ塗膜を回収するので、塗膜ダストや騒音が発生しません。

3 . 設問の通りです。環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜を溶解して除去する従来の塗膜はく離とは異なり、高級アルコールを主成分とするため毒性及び皮膚刺激性が少ないです。

4 . 誤りです。環境対応形塗膜はく離剤は、さびや黒皮、長ばく形エッチングプライマーによる塗膜や旧塗膜の除去できません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1 . 〇 設問の通りです。
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜にはく離剤成分を浸透させるので、既存塗膜の膜厚が大きい場合、塗付時及び塗膜浸透時の気温が低い場合には塗膜はく離がし難いことがあります。

2 . 〇 設問の通りです。
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜をシート状に軟化させ塗膜を回収するので、塗膜ダストや騒音が発生しないです。

3 . 〇 設問の通りです。
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、塗膜を溶解して除去する従来の塗膜はく離とは異なり、高級アルコールを主成分とするため毒性及び皮膚刺激性が少ないです。

4 . × 誤りです。
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、さびや黒皮、長ばく形エッチングプライマーによる塗膜や旧塗膜の除去はできないです。
ブラスト法の方が、優れています。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.設問の通りです。
環境対応形塗膜はく離剤使用時、塗膜にはく離剤成分を膜厚が大きい既存塗膜へ浸透させる場合、気温が低いと塗膜はく離し難いです。

2.設問の通りです。
電動工具等の物理的な除去方法では、騒音、振動、粉塵など近隣問題などが発生しますが、設問通り塗膜ダストや騒音が発生しないです。

3.設問の通りです。
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去は、非塩素系(アルコール系)を使用しているので、安全衛生面が改善され作業者安全性・環境安全性が飛躍的に向上します。

4.誤りです。
環境対応形塗膜はく離剤による塗膜除去と、ブラスト法とでは、ブラスト法のほうが、塗膜除去は優れています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。