過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第21084問」を出題

問題

[ 設定等 ]
建設機械の施工計画に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
組合せ建設機械の選択においては、従作業の施工能力を主作業の施工能力と同等、あるいは幾分高めにする。
   2 .
単独の建設機械又は組み合わされた一群の建設機械の作業能力は、時間当たりの最大作業量で算出する。
   3 .
建設機械の作業能率は、地形、地質、気象、作業場所の広さ、環境、機械の組合せの適否、整備の程度、運転手の熟練度などの要素が関連している。
   4 .
建設機械の施工単価は、運転時間当たりの作業量をより増大させるか、又は、運転時間当たりの機械経費をより減少させるかによって安くすることができる。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成27年度 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1.設問のとおりです。従作業の機械の施工能力は主作業の機械のスペックよりも高めに施工計画を作成します。
2.誤りです。組み合わされた機械の施工能力は一群の「最少の作業量」で算出します。施工計画に与える影響を少なくするためです。
3.設問のとおりです。現場の状態、作業員の習熟度によって作業能率は変化するため、施工計画は余裕を持ったものにする必要があります。
4.設問のとおりです。標準的な施工単価を決定するうえで使用する「バケット係数」「サイクルタイム」といった単語についても確認をしておきましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。