過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第28012問」を出題

問題

[ 設定等 ]
下水道管きょの更生工法に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。
   1 .
さや管工法は、熱硬化性樹脂を含浸させたライナーや熱可塑性樹脂ライナーを既設管きょ内に引込み、水圧又は空気圧などで拡張、密着させた後に硬化させることで管を構築する。
   2 .
形成工法は、既設管きょ内に硬質塩化ビニル材などをかん合させながら製管し、既設管きょとの間げきにモルタルなどを充てんすることで管を構築する。
   3 .
製管工法は、既設管きょより小さな管径で製作された管きょをけん引挿入し、間げきに充てん材を注入することで管を構築する。
   4 .
反転工法は、熱硬化性樹脂を含浸させた材料を既設のマンホールから既設管きょ内に反転加圧させながら挿入し、既設管きょ内で加圧状態のまま樹脂が硬化することで管を構築する。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 選択問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.誤りです。さや管工法は更生材を既設人孔内から入れ、更生材に対して水圧または空気圧で拡張し、最終的に蒸気または温水で樹脂を硬化させ、新しい管路を作る工法です。
2. 誤りです。形成工法は、樹脂を含浸させた繊維性の補修材料を、管渠内の補修箇所に貼り付けて部分補修を行う工法です。
3.誤りです。既設管渠内に硬質塩化ビニル材などを混合させながら製管し,既設管渠との間隙にモルタルを充てんして管を構築するもので,流下量が少量であれば下水を流下させながらの施工が可能です。
4. 設問の通りです。反転工法は、管渠内を加熱硬化させることで、管の内面に密着させ新しい管路を形成する工法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。