過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第28033問」を出題

問題

[ 設定等 ]
土留め壁を構築する場合における「土質」、「地下水」、「土留め工法」、「留意すべき現象」の一般的な組合せとして、次のうち適当なものはどれか。
   1 .
砂質土 -------------- 地下水なし -------- 親杭横矢板 ------ ボイリング
   2 .
硬い粘性土 ---------- 地下水なし -------- 鋼矢板 ---------- ヒービング
   3 .
砂質土 -------------- 地下水高い -------- 親杭横矢板 ------ ボイリング
   4 .
軟らかい粘性土 ------ 地下水高い -------- 鋼矢板 ---------- ヒービング
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 必須問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
1. 誤りです。親杭横矢板工法は止水性がない壁となりますが、設問では地下水がないため、問題となりません。

2. 誤りです。ヒービングは、軟弱粘土等が土そのものの荷重や、地表付近の構造物の荷重により、掘削面の隆起や土留壁のはらみにより、土留壁を崩壊させる現象です。ヒービングは土の問題、(設問3の)ボイリングは水の問題と捉えても良いでしょう。なお当該設問では地下水がないため、問題とはなりません。

3.誤りです。ボイリングは砂質地盤で発生する現象で、遮水性の土留壁を用いた場合、水位差により上向きの浸透水が生じます。つまり、地下水位の高い砂質土で起こりますが、親杭横矢板工法は止水性をもたないため、問題となりません。

4.設問の通りです。ヒービングは掘削底面が粘性土の時発生します。また止水性のある鋼矢板では問題となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。