過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級土木施工管理技術の過去問「第28050問」を出題

問題

[ 設定等 ]
静的破砕剤工法と大型ブレーカー工法の併用作業で行う橋梁下部構造の解体作業に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
静的破砕剤の練混ぜ、充てん、シートがけ作業には、必ず保護めがね、ゴム手袋を着用する。
   2 .
静的破砕剤充てん後は、充てん孔を直ちにシートで覆い、時間ごとに充てん孔をのぞいて亀裂発生の確認を行う。
   3 .
横方向の拘束を解除するための作業では、大型ブレーカーにより四隅のかぶりのコンクリートをはつり出し、水平方向鉄筋を露出、切断する。
   4 .
大型ブレーカーの作業では、解体ガラの落下、飛散による事故防止のため作業内の立入禁止措置を講じる。
( 1級土木施工管理技術検定学科試験 平成28年度 必須問題 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
1.設問の通りです。静的破砕剤は時間を掛けて膨張する力で、硬質な対象物を破砕する薬剤です。なお、強いアルカリ性を示すものがあるため、必ず保護めがね、ゴム手袋を着用して作業を行います。
2.誤りです。徐々に膨張するため、反応には数時間を要します。
3.設問の通りです。一度に切断をするのではなく、徐々に切断、破砕を行います。
4.設問の通りです。通行の多い現場などでは防護ネット、防護柵を設け、関係者以外の立ち入りを禁じるようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級土木施工管理技術 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。