過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

1周目(0 / 484問 正解) 全問正解まであと484問
睡眠に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
睡眠と覚醒のリズムのように、約1日の周期で繰り返される生物学的リズムをサーカディアンリズムといい、このリズムの乱れは、疲労や睡眠障害の原因となる。
 2 . 
睡眠は、睡眠中の目の動きなどによって、レム睡眠とノンレム睡眠に分類される。
 3 . 
コルチゾールは、血糖値の調節などの働きをするホルモンで、通常、その分泌量は明け方から増加し始め、起床前後で最大となる。
 4 . 
レム睡眠は、安らかな眠りで、この間に脳は休んだ状態になっている。
 5 . 
メラトニンは、睡眠に関与しているホルモンである。
( 第一種 衛生管理者試験 令和元年10月公表 労働生理 )

この過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
1:○
2:○
3:○
4:×
5:○

誤った選択肢は4です。
レム睡眠は、レム睡眠は眠りが浅い状態のことです。
この状態では、脳が活動して覚醒状態となっています。
安らかな眠りで、脳が休んだ状態となっているのはノンレム睡眠です。
その他は説明文の通りです。
評価後のアイコン
2020/02/13 18:53
ID : odrvqwmj
会員登録(無料) をすると、
問題を中断した場合もその続きから再開できるようになります。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解:4

1 ◯:サーカディアンリズムは概日リズム、体内時計とも訳されています。

2 ○:レム睡眠は浅い眠りで、この時間に重なると目覚めがよいといわれます。

3 ○:コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンの1つで、
過剰なストレスでコルチゾールの分泌が慢性的に高くなると、ストレス関連疾患の疑いが高くなります。

4 ×:レム睡眠は浅い眠りで、この説明はノンレム睡眠に関するものです。

5 ○:メラトニンはサーカディアンリズムに関わるホルモンで、
分泌量は日中は低く夜間に高くなります。
評価後のアイコン
2020/03/08 09:54
ID : sbhjfgnas
評価する
1
評価しない
正解4

1.◯
記述の通りです。

2.◯
睡眠はレム睡眠(Rapid Eye Movement sleep; REM)とノンレム睡眠(non-Rapid Eye Movement sleep; non-REM)に分類されます。レム睡眠とは、英語の表記通り、眼球が動いている浅い眠りの状態です。一方、ノンレム睡眠の時には眼球は動いておらず、脳は休んだ状態になっています。

3.◯
記述の通りです。コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンの1種です。日内変動があり、明け方から増加し始め起床前後で最大となり、夜にむけて低くなっていきます。

4.×
前述した通り、ノンレム睡眠が安らかな眠りで、この間に脳は休んだ状態になっています。

5.◯
メラトニンは脳の松果体から分泌され、睡眠に関与しています。
評価後のアイコン
2020/03/31 18:30
ID : mnwxbjuzct
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。