過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者「平成27年10月公表」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 44問 正解) 全問正解まであと44問
ストレスに関する次のAからDまでの記述について、誤っているものの組合せは1~5のうちどれか。

A  外部環境からの刺激すなわちストレッサーは、その強度にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧する。
B  ストレス反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。
C  ストレス反応は、個人差が大きい。
D  騒音、気温などの物理的要因が職場でのストレッサーとなることはない。
 1 . 
A、B
 2 . 
A、D
 3 . 
B、C
 4 . 
B、D
 5 . 
C、D
( 第一種 衛生管理者試験 平成27年10月公表 労働生理 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
7
評価しない
正解は、A.Dが誤りなので2.が〇です。

A,× 心身の活動を「抑圧」ではなく、「緊張状態」となります。

B,〇 ストレス反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与しています。

C,〇 「ストレス反応」は、個人差が大きいです。

D,× ストレッサーと「なることはない」ではなく、「なる場合がある」となります。
評価後のアイコン
2017/07/01 13:21
ID : grxjoutt
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
ストレスに関して、

①人間は、その取り巻く環境に心身共に順応しようとする働きを持ちその反応をストレスと呼び、反応の原因となる刺激をストレッサーと呼ぶ。

②現代社会はストレス社会とも呼ばれ、主なストレッサーには物理的、化学的、生物的、精神的ストレッサーがある。

③心身のバランスにとってストレスは心身の活動を抑制することにはなりえるが、適度なストレッサーは活動の亢進や意欲向上をもたらす。

④ストレッサーは強弱や質により影響の度合いは異なる。

⑤典型的なストレス反応としては副腎皮質ホルモンの分泌の著しい「増加」がみられる。

⑥ストレスに対する適応力には個人差がある。

以上のことから誤っているものの組み合わせはAとDであり、正解は2です。
評価後のアイコン
2016/11/08 00:58
ID : arejxammu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。