過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者「令和2年10月公表」の過去問をランダムに出題

問題

ヒトのホルモン、その内分泌器官及びそのはたらきの組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
コルチゾール ――― 副腎皮質 ―― 血糖量の増加
   2 .
アルドステロン ―― 副腎皮質 ―― 血中の塩類バランスの調節
   3 .
パラソルモン ――― 副腎髄質 ―― 血糖量の増加
   4 .
インスリン ―――― 膵臓 ―――― 血糖量の減少
   5 .
メラトニン ―――― 松果体 ――― 睡眠の促進
( 第一種 衛生管理者試験 令和2年10月公表 労働生理 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
24
評価しない
正解3
主なホルモンとその内分泌器官およびその働きについて覚えましょう。主なホルモンについて体の上から下に向かってまとめました。実際には下記に記載したものだけでなく、他にも多くのホルモンがあり、また複数の役割があったりもしますが主に過去問に出題されたものをまとめました。ちなみに血糖値を下げることのできるホルモンはインスリンだけ、ですので覚えやすいです。

【松果体−メラトニン】
睡眠の誘発

【副甲状腺−パラソルモン】
体内のカルシウム量の調節

【胃−ガストリン】
胃酸分泌刺激

【十二指腸−セクレチン】
消化液分泌促進

【膵臓−インスリン】
血糖量の減少

【膵臓−グルカゴン】
血糖量の増加

【副腎皮質−コルチゾール】
血糖量の増加

【副腎皮質−アルドステロン】
体液中の塩類バランスの調整

【副腎髄質−アドレナリン】
血糖量の増加、心拍数上昇、血圧上昇

以上から、本問では誤りの選択肢は3となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
1:○
2:○
3:×
4:○
5:○

誤った選択肢は3です。
パラソルモンは副甲状腺より分泌し、血中のカルシウムバランスの調節を行うはたらきがあります。
その他は説明文の通りです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は、3 です。

1.正しいです。
コルチゾールは、副腎皮質ホルモンです。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し生体にとって必須のホルモンです。ストレスによっても分泌が促進されます。

2.正しいです。
アルドステロン は、副腎皮質の球状帯から分泌されるホルモンです。腎臓におけるナトリウムの再吸収に関与しています。

3.誤りです。
パラトルモンは、副甲状腺から分泌されるホルモンです。 血液のカルシウムの濃度を増加させる働きがあります。 血糖量の増加には、関与しないです。

4.正しいです。
インスリンは、膵臓で生成されるホルモンです。血中の炭水化物、タンパク質、脂肪の代謝を調節します。

5.正しいです。
メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれています。脳の松果体から分泌され、目覚めてから14〜16時間ぐらい経過すると体内時計からの指令が出て分泌されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。