過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者「令和3年4月公表」の過去問をランダムに出題

問題

筋肉に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
横紋筋は、骨に付着して身体の運動の原動力となる筋肉で意志によって動かすことができるが、平滑筋は、心筋などの内臓に存在する筋肉で意志によって動かすことができない。
   2 .
筋肉は神経からの刺激によって収縮するが、神経より疲労しにくい。
   3 .
荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行うときは、筋肉が長さを変えずに外力に抵抗して筋力を発生させる等尺性収縮が生じている。
   4 .
強い力を必要とする運動を続けていると、筋肉を構成する個々の筋線維の太さは変わらないが、その数が増えることによって筋肉が太くなり筋力が増強する。
   5 .
筋肉自体が収縮して出す最大筋力は、筋肉の断面積1cm2当たりの平均値をとると、性差や年齢差がほとんどない。
( 第一種 衛生管理者試験 令和3年4月公表 労働生理 問44 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない

正解は(5)です。

(1)心筋は特殊な筋肉ですので注意してください。

横紋筋ですが不随意筋ですので誤りです。

(2)神経より疲労しやすいので誤りです。

(3)持ち上げたり、屈伸運動は筋肉の長さが変わっているので等尺ではなく、等張性です。

(4)筋繊維が太くなる事で筋力が増加しているので誤りです。

筋肉について重要なポイントを簡単に説明します。

最低限これだけは覚えておいてください。

①筋肉には3種類

・横紋筋(骨格筋) 意思で動かすことが出来る(随意筋)

・平滑筋 意思によって動かせない筋肉(不随意筋)

※心筋は横紋筋だが、意思によって動かす事が出来ない不随意筋ですので注意、試験によく出ます。

②筋肉の動き  

等尺性収縮:筋肉の長さを変えない状態で筋力を発生させます。尺という漢字で覚えてください。  

等張性収縮:筋肉を一定の張力の状態で長さのみを変えて筋力を発生させます。

③力の強さ

筋肉の太さに比例します。(筋肉の断面積当たりの最大筋力は性差はありません)  

筋肉の太さ = 筋繊維の数と太さ

④筋肉の疲労  

酸素の供給が不足するとグリコーゲンが完全に分解されず、筋肉中に乳酸が残り筋肉は疲労します。

また筋肉は神経より疲労しやすいです

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

【解説】

 1.心筋は内臓でも横紋筋ですが、意志によって動かすことができません。

 2 .筋肉は神経からの刺激によって収縮しますが、神経より疲労しやすいです。

 

 3.荷物を持ち上げたり、屈伸運動を行う筋肉が長さを変えずに外力に抵抗して筋力を発生させるのは、「等縮性収縮」です。

 

 4.強い力を必要とする運動を続けていると、筋線維の一部が破断され、それの修復が繰り返されると、筋の断面積が全体として太くなり、筋力が増強します。

 

 5.説明文のとおりです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。