過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者「関係法令(有害業務に係るもの)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 80問 正解) 全問正解まであと80問
労働基準法に基づき、全ての女性労働者について、就業が禁止されている業務は次のうちどれか。
 1 . 
異常気圧下における業務
 2 . 
多量の高熱物体を取り扱う業務
 3 . 
20k gの重量物を継続作業として取り扱う業務
 4 . 
削岩機、鋲打機等身体に著しい振動を与える機械器具を用いて行う業務
 5 . 
強烈な騒音を発する場所における業務
( 第一種 衛生管理者試験 平成30年4月公表 関係法令(有害業務に係るもの) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は3です。

1 .×
満18歳以上の女性は就業可能です。
妊娠中の女性や産後1年を経過しない女性で
※従事しない旨を使用者に申し出た場合は該当します。

2 .×
満18歳以上の女性は就業可能です。
妊娠中の女性や産後1年を経過しない女性で
※従事しない旨を使用者に申し出た場合は該当します。

3 .○
継続作業とあるので
満16歳未満であれば8kg以上
満16歳以上18歳未満であれば15kg以上
満18歳以上であれば20kg以上が就業禁止の対象になりますので、記述の通り正解です。
断続作業であれば30kgですので、継続作業と断続作業の違いに注意が必要です。
断続作業の場合ですと
満16歳未満であれば12kg以上
満16歳以上18歳未満であれば25kg以上
満18歳以上であれば30kg以上が就業禁止の対象になります。

4 .×
満18歳以上の女性は就業可能です。
妊娠中の女性や産後1年を経過しない女性は
※従事しない旨を使用者に申し出なくても該当します。

5 .×
満18歳以上の女性は就業可能です。
妊娠中の女性や産後1年を経過しない女性は
※従事しない旨を使用者に申し出なくても該当します。
評価後のアイコン
2018/08/12 13:12
ID : sfntymcdg
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解:3

3.重量物の重量もしくは作業が断続的か継続的かによって女性労働者も就業可となりますが、20k g以上の重量物を継続作業として取り扱う業務は全ての女性労働者について就業禁止となっています。

その他の選択肢は女性でも就業可となります。ただし妊産婦は一部制限があります。

評価後のアイコン
2018/07/06 00:40
ID : ywanwswoh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。