過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種 衛生管理者「労働衛生(有害業務に係るもの)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 70問 正解) 全問正解まであと70問
呼吸用保護具に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
二種類以上の有毒ガスが混在している場合には、そのうち最も毒性の強いガス用の防毒マスクを使用する。
 2 . 
有機ガス用の防毒マスクの吸収缶の色は、黒色である。
 3 . 
型式検定合格標章のある防じんマスクでも、ヒュームに対しては無効である。
 4 . 
防じんマスクの手入れの際、ろ過材に付着した粉じんは圧縮空気で吹き飛ばすか、ろ過材を強くたたいて払い落として除去する。
 5 . 
有毒ガスの濃度が高い場合には、電動ファン付き呼吸用保護具を使用する。
( 第一種 衛生管理者試験 平成29年10月公表 労働衛生(有害業務に係るもの) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解 2

1 毒性の強いガスでは、その吸収能力を超えるために送気マスクか自給式呼吸器での使用でないと死に至ります。よって、本肢は誤りです。

2 誤って使用するのを予防するために、吸収缶の外観を色分けしています。有機ガスは黒色、硫化水素は黄色などになっています。そのとおり「黒色」で正解です。

3 防じんマスク、防毒マスクの二つにつきまして型式検定を必要としています。ヒューム云々が誤りです。

4 防じんマスクの手入れは、圧縮空気で吹き飛ばしたり、強くたたいて払い落としてはなりません。ろ過材の繊維まで落としてしまいます。よって、全文誤りとなります。

5 有毒ガスの濃度が高い(酸欠をもたらす/酸素濃度18%未満)の場合には、吸気式の呼吸用保護具により対処しなければなりません。本肢も誤りです。
評価後のアイコン
2018/03/23 14:58
ID : jougdangvd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この第一種 衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。