過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者「関係法令(有害業務に係るもの以外のもの)」の過去問をランダムに出題

問題

労働基準法に定める育児時間に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
生後満1年を超え、満2年に達しない生児を育てる女性労働者は、育児時間を請求することができる。
   2 .
育児時間は、必ずしも有給としなくてもよい。
   3 .
育児時間は、1日2回、1回当たり少なくとも30分の時間を請求することができる。
   4 .
育児時間を請求しない女性労働者に対しては、育児時間を与えなくてもよい。
   5 .
育児時間は、育児時間を請求できる女性労働者が請求する時間に与えなければならない。
( 第一種 衛生管理者試験 令和3年4月公表 関係法令(有害業務に係るもの以外のもの) 問27 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない

【解説】

 育児時間は、満1歳未満の子供を育てる女性労働者が請求できる権利です。

 (労働基準法67条)

 その他は説明文のとおりです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

正解は(1)です。
育児時間は生後満1年に達しない生児です。

育児時間の覚えるべきポイントは以下の2つです。
①生後満1年に達しない生児を育てる女性は、通常の休憩時間のほかに、1日2回各々少なくとも30分、その生児を育てるための時間を請求することができます。
②育児時間は女性の請求によって与えらえれます。(請求が無ければ与えなくてもよい。)

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。