過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種衛生管理者「労働衛生(有害業務に係るもの以外のもの)」の過去問をランダムに出題

問題

厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針」に基づく、重量物取扱い作業などにおける腰痛予防対策に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
満18歳以上の男子労働者が人力のみで取り扱う物の重量は、体重のおおむね 50%以下となるようにする。
   2 .
腰部保護ベルトは、全員に使用させるようにする。
   3 .
重量物を持ち上げるときは、できるだけ身体を対象物に近づけ、両膝を伸ばしたまま上体を下方に曲げる前屈姿勢を取る。
   4 .
腰掛け作業での作業姿勢は、椅子に深く腰を掛けて、背もたれで体幹を支え、履物の足裏全体が床に接する姿勢を基本とする。
   5 .
立ち作業では、身体を安定に保持するため、床面は弾力性のない硬い素材とし、クッション性のない作業靴を使用する。
( 第一種 衛生管理者試験 令和2年4月公表 労働衛生(有害業務に係るもの以外のもの) )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
1:×
正しくは「満18歳以上の男子労働者が人力のみで取り扱う物の重量は、体重のおおむね40%以下となるようにする。」です。
よって、誤った選択肢です。

2:×
腰部保護ベルトは、全員に一律に使用させるようにするのではなく、労働者ごとに効果を確認してから使用の適否を判断して導入するものです。
よって、誤った選択肢です。

3:×
正しくは「重量物を持ち上げるときは、できるだけ身体を対象物に近づけ、重心を低くするような姿勢をとる。」です。
よって、誤った選択肢です。

4:○
正しい記述です。
よって、4が正解です。

5:×
立ち作業では、床面が硬いと立っているだけで腰部への衝撃が大きくなります。クッション性のある素材を用いた作業靴やマットを使用し、床面からの衝撃を緩和・吸収する必要があります。
よって、誤った選択肢です
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解4
1.×
誤りです。満 18 歳以上の男子労働者が人力のみで取り扱う物の重量は、体重のおおむね 【40%以下】となるように努めなければなりません。この重量を超える重量物を取り扱わせる場合、適切な姿勢にて身長差の少ない労働者2人以上にて行わせるようにします。また、この場合、各々の労働者に重量が均一にかかるようにします。

2.×
誤りです。腰部保護ベルトは、個人により効果が異なるため、全員に使用するのではなく、個人毎に効果を確認してから使用の適否を判断する必要があります。

3.×
誤りです。重量物を持ち上げるときは、できるだけ身体を対象物に近づけ、重心を低くするような姿勢をとることで腰への負担を減らすことができます。

4.◯
正しい記述です。腰掛け作業の場合の作業姿勢は、椅子に深く腰を掛けて、背もたれで体幹を支え、履物の足裏全体が床に接する姿勢を基本とします。また、必要に応じて滑りにくい足台を使用させます。

5. ×
誤りです。 床面が硬い場合は、立っているだけでも腰部への衝撃が大きいので、【クッション性のある作業靴やマット】を利用して、衝撃を緩和できるようにします。

(参考:職場における腰痛予防対策指針 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034et4-att/2r98520000034pjn_1.pdf
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この第一種衛生管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。