過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者の過去問 平成27年4月公表 労働衛生 問20

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
一次救命処置に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
気道を確保するためには、仰向けにした傷病者のそばにしゃがみ、後頭部を軽く上げ、あごを下方に押さえる。
   2 .
呼吸を確認して普段どおりの息(正常な呼吸)がない場合や約1分間観察しても判断できない場合は、心肺停止とみなし、心肺蘇生を開始する。
   3 .
人工呼吸が可能な場合、心肺蘇生は、胸骨圧迫30回に人工呼吸2回を繰り返して行う。
   4 .
胸骨圧迫は、胸が少なくとも5cm沈む強さで胸骨の下半分を圧迫し、1分間に少なくとも60回のテンポで行う。
   5 .
AED(自動体外式除細動器)を用いて救命処置を行う場合には、人工呼吸や胸骨圧迫は、一切行う必要がない。
( 第二種 衛生管理者試験 平成27年4月公表 労働衛生 問20 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
32
評価しない
正解 3

1. 誤っています。
気道確保は、傷病者の額を抑えながら、指先二本を傷病者のアゴの先端に当てて持ち上げます。

2. 誤っています。
呼吸の確認は、10秒以内に実施します。1分では遅すぎます。

3. 正しいです。
本肢の説明の通りになります。

4. 誤っています。
胸が少なくとも5~6㎝沈む強さで圧迫し、1分間に少なくとも100~120回のテンポで行います。

5. 誤っています。
一切行う必要がないのではなく、まず音声ガイダンスに従い、胸骨圧迫を開始し、心肺蘇生を続けることです。諦めてはなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
「一次救命処置」に関する問題です。

1.正しくない
 傷病者のそばにしゃがみ、片手を額から前頭部にかけて当て、下に押すと同時に左手をあごの先端に掛けて上に引きます。

2.正しくない
 呼吸の有無の確認は「10秒以内」に行うようにします。

3.正しい
 心肺蘇生は、胸骨圧迫「30回」に人工呼吸「2回」を繰り返します。

4.正しくない
 胸骨圧迫は、1分間に少なくとも「100回」のテンポで行います。

5.正しくない
 AEDのメッセージにしたがって、必要に応じて人工呼吸や胸骨圧迫を行います。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正しいものは3です。
文のとおりです。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1.誤っています。
正しくは、傷病者の額をおさえながら、指先を傷病者の顎の先端にあてて持ち上げます。

2.誤っています。呼吸の有無の確認は「10秒以内」でなければなりません。

4.誤っています。文中の「1分間に少なくても60回のテンポ」の部分が誤りで、正しくは「1分間に少なくても100回のテンポ」です。

5.誤っています。AEDの音声に従い、胸骨圧迫を蘇生まで続ける必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。