過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種衛生管理者の過去問 平成28年10月公表 関係法令 問3

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
衛生委員会に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。
   1 .
衛生委員会の議長を除く全委員については、事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がないときは、労働者の過半数を代表する者の推薦に基づき指名しなければならない。
   2 .
衛生委員会の議長は、原則として、総括安全衛生管理者又は総括安全衛生管理者以外の者で事業場においてその事業の実施を統括管理するもの若しくはこれに準ずる者のうちから事業者が指名した委員がなる。
   3 .
事業場に専属ではないが、衛生管理者として選任している労働衛生コンサルタントを、衛生委員会の委員として指名することができる。
   4 .
衛生委員会の開催の都度、遅滞なく、委員会における議事の概要を、書面の交付等一定の方法によって労働者に周知させなければならない。
   5 .
衛生委員会の議事で重要なものについては、記録を作成し、3年間保存しなければならない。
( 第二種 衛生管理者試験 平成28年10月公表 関係法令 問3 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

13
正解 1

1. 誤りになります。
前段の議長を除く全委員が誤りになります。常出問題です。「半数の委員」が正しくなります。

2. 正しいです。
本肢の説明の通りになります。

3. 正しいです。
例外としまして、1人だけは専属でない労働安全コンサルタントでもよいことになっています。

4. 正しいです。
労働者優先事項です。周知徹底は、遅滞なく実施されなければなりません。

5. 正しいです。
3年とか5年の保存期間につきまして、混同されないように注意が必要です。本肢は、3年です。
付箋メモを残すことが出来ます。
6
「衛生委員会」に関する問題です。

1.正しくない
 衛生委員会の議長を除く「半数の」委員は、事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がないときは、労働者の過半数を代表する者の推薦に基づき指名しなければならないと規定されています。

2.正しい
 正しい記述です。

3.正しい
 正しい記述です。

4.正しい
 正しい記述です。

5.正しい
 衛生委員会の議事で作成した議事録は、「3年間」保存することと規定されています。
3
誤っているものは1です。
文中の「全委員」が誤りで正しくは「半数の委員」です。根拠は労働安全衛生法第18条4です。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.正しいです。根拠は労働安全衛生法第18条4です。

3.正しいです。根拠は労働安全衛生法第18条4です。

4.正しいです。根拠は労働安全衛生規則第23条3です。

5.正しいです。根拠は労働安全衛生規則第23条4です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種衛生管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。