第二種 電気工事士の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

第二種 電気工事士の過去問 第10178問 出題

問題

電気工事士法において、第二種電気工事士免状の交付を受けている者であってもできない工事は。
 1 . 
一般用電気工作物の接地工事
 2 . 
一般用電気工作物のネオン工事
 3 . 
自家用電気工作物(500[kW]未満の需要設備)の非常用予備発電装置の工事
 4 . 
自家用電気工作物(500[kW]未満の需要設備)の地中電線用の管の設置工事

この第二種 電気工事士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
自家用電気工作物(500KW未満)の非常用予備発電装置の工事は、特種電気工事資格者(非常用予備発電装置)でしか施工できません。
なお、「2」の一般用電気工作物のネオン工事は、第二種電気工事士による施工が可能ですが、自家用電気工作物のネオン工事は特種電気工事資格者(ネオン工事)でしか施工できない点も注意が必要です。
また、「4」の地中電線管路敷設は、軽微な工事とされており、電気工事士の資格がなくても施工可能です。
したがって、「3」が正解となります。
評価後のアイコン
2016/06/23 22:24
ID : nmcbwpgvua
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
答えは「3」となります。

基本的には、一般用電気工作物しか工事する事ができませんが、「4」の地中電線用の管の設置工事となる自家用電気工作物は免状がない人でも工事可能な物となります。
評価後のアイコン
2015/07/30 23:08
ID : xvnfwkmc
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

自家用電気工作物(500[kW]未満の需要設備)の非常用予備発電装置の工事は特殊電気工事資格者でなければいけません。
評価後のアイコン
2015/05/09 13:29
ID : zrgzatnjfg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この第二種 電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。