過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第17822問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




図は、木造1階建住宅の配線図である。③の部分の最少電線本数(心線数)は。
ただし、電線からの接地側電線は、スイッチを経由しないで照明器具に配線する。
配線図
 1 . 
2
 2 . 
3
 3 . 
4
 4 . 
5
( 第二種 電気工事士試験 平成26年度上期 配線図 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
正解は 3 になります。

手順としては、まず複線図を書いてみます。
そして、複線図からスイッチ「シ」への非接地側線1本、三路スイッチが絡むので両スイッチをつなぐ2本、ダウンライト「シ」への接地側線1本の計4本になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
答えは「3」となります。

この問題は複線図を書く事が出来なければ解くには難しい問題です。

縦長の複線図になるかと思いますが、下側にできたスイッチでまず2本必要で、そのワタリでもう1本、さらにダウンライトからのマイナス線も入れると合計で4本となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
該当箇所について、複線図を書いてみます。
上のジョイントボックスより、下のサ+シのスイッチに向けて非接地線を下ろし、サのスイッチが3路なので、上下のサのスイッチ間に2線引きます。上のサのスイッチから返り線を1本下ろし、サの器具に入れます。サの器具から接地側電線を上のジョイントボックスに入れます。
また、シのスイッチの返り線をシの器具に入れて、接地側電線を下のジョイントボックス経由で上のジョイントボックスに入れます。
したがって、(3)の箇所は最小で4本となるので、「3」が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。