過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問「第29033問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




図は、木造3階建住宅の配線図である。

⑦で示す部分の接地工事における接地抵抗の許容される最大値[ Ω ]は。
配線図


【注意】
1. 屋内配線の工事は、特記のある場合を除き600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平型(VVF)を用いたケーブル工事である。
2. 屋内配線等の電線の本数、電線の太さ、その他、問いに直接関係のない部分等は省略又は簡略化してある。
3. 漏電遮断器は、定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用している。
4. 選択肢(答え)の写真にあるコンセント及び点滅器は、「JIS C 0303 : 2000 構内電気設備の配線用図記号」で示す「一般形」である。
5. ジョイントボックスを経由する電線は、すべて接続箇所を設けている。
 1 . 
100
 2 . 
300
 3 . 
500
 4 . 
600
( 第二種 電気工事士試験 平成28年度上期 配線図 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
300V以下の接地なのでD種接地工事である事がわかります。

となると答えは「3」となります。

この種の接地抵抗の最大値を求める問いは、ABCDいずれかの接地工事(ほとんどがD種)かを見極めてそれに付随した接地抵抗値を選択するだけで、その値も10・100・500Ωだけです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
「3」が正答です。

分電盤のgには200vの記載があり、コンセントに接続されるエアコンは200V(300V以下)の機器になり、接地の種類は、D種接地になります。

また問題文より漏電遮断器は0.1秒以内のものを使用しているので、接地抵抗の許容される最大値は500Ωとなります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
[3] 500(Ω)が正解です。

300V以下の接地工事となりますので、D種接地工事となります。
また、漏電遮断器は、
「定格感度電流30mA、動作時間0.1秒以内のものを使用」
とありますので、
0.5秒以内であれば接地抵抗値は500Ω以下ということを覚えておけば答えられます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。