第二種電気工事士の過去問
平成24年度下期
一般問題 問30

このページは問題個別ページです。
正解率や解答履歴を残すには、「条件を設定して出題する」をご利用ください。

問題

第二種 電気工事士試験 平成24年度下期 問30 (訂正依頼・報告はこちら)

「電気設備に関する技術基準を定める省令」で定められている交流の電圧区分で、正しいものは。

次の問題へ

正解!素晴らしいです

残念...

この過去問の解説 (3件)

01

低圧は直流750V以下、交流600V以下となっています。
高圧は直流750V超、交流600V超より、ともに7000Vまでとなっています。
組み合わせの正しい「2」が正解となります。

参考になった数55

02

答えは「2」となります。

電圧の区分は交流と直流とで区分けされており、高圧は両方ともに7000以下となっている事から、「1」と「3」は除外され、「4」は直流の区分となっています。

参考になった数6

03

交流の電圧区分で、
低圧は600V以下、高圧は600Vを超え7000V以下
直流では、低圧は750V以下、高圧は750Vを超え 7000V以下です。

よって正解は2です。

参考になった数5