過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 平成26年度下期 一般問題 問13

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
極数6の三相かご形誘導電動機を周波数60[Hz]で使用するとき、最も近い回転速度[min-1]は。
   1 .
600
   2 .
1200
   3 .
1800
   4 .
3600
( 第二種 電気工事士試験 平成26年度下期 一般問題 問13 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
24
評価しない
正解は 2 です。

三相誘導電動機の同期回転速度は以下の式で求めることが出来ます。

N=120f/p

N:同期速度[min-1]
f:周波数[Hz]
p:磁極数

この式に、値をあてはめて計算すると、

N=120・60/6
=1200

よって、正解は 2 になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
答えは「2」となります。

三相かご形誘導電動機の回転速度であるNを求めていきます。

 N=120f/p(1-s)=120×60/6(1-s)=1200(1-s)

となり、すべりの値となるsは極わずかな数値となるので、ニアイコールで1200[min-1]となり、「2」が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は(2)です。

回転磁界の同期速度n、磁極数p、周波数fとすると、回転磁界の同期速度nは以下のように表すことができます。

n=120f/p=120×60/6=1200

回転速度は同期速度とほぼ等しくなります。
よって、正解は(2)となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。