過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第二種電気工事士の過去問 令和4年度上期 午前 一般問題 問18

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
写真に示す測定器の用途は。
問題文の画像
   1 .
接地抵抗の測定に用いる。
   2 .
絶縁抵抗の測定に用いる。
   3 .
電気回路の電圧の測定に用いる。
   4 .
周波数の測定に用いる。
( 第二種 電気工事士試験 令和4年度上期 午前 一般問題 問18 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
0
評価しない

正解は1の接地抵抗の測定に用いる。

設置棒(杭)と3色のリード線が特徴です。

絶縁抵抗計は普通のテスターと同じ形状で単位が[MΩ]になっています。

電圧計は形はいろいろありますが端子は複数あっても2色しかないはずです。

周波数計は端子が複数あっても1色のはずです。

計器のほうは写真がはっきり写っていれば単位が何になっているかを確認してください。

今回の場合は計器の形状では判断が難しく、やはり杭と3色の線が判別ポイントになると思います。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は 1 .接地抵抗の測定に用いる。 です。

写真の機器名称は接地抵抗計です。

アーステスタともいい、接地抵抗を測定する際に用います。補助設置棒2本とリード線があることが特徴です。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

答えは(1)「接地抵抗の測定に用いる。」です。

写真は接地抵抗計です。

被測定電極から地中に一定電流を流すと、接地電極と電圧補助棒の間の電圧は抵抗に比例するため、電圧から接地抵抗を求めることができます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第二種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。