過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問「第35543問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クレーンの安全装置などに関し、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
リミットスイッチ式衝突防止装置は、同ーランウェイの2台のクレーンの相対する側に腕を取り付け、これにより接近したときリミットスイッチを作動させ、衝突を防止するものである。
   2 .
衝突時の衝撃力を緩和する装置には、ばね式又は油圧式の緩衝装置がある。
   3 .
レバー形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、ワイヤロープを交換したとき、スイッチの作動位置の再調整が不要である。
   4 .
レールクランプは、屋外に設置されたクレーンが作業中に突風などにより逸走することを防止する装置で、走行路の定められた係留位置で短冊状金具により固定して逸走を防止する。
   5 .
走行レールの車輪止めの高さは、走行車輪の直径の2分の1以上とする。
( クレーン・デリック運転士試験 平成30年(2018年)4月 クレーン及びデリックに関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
誤っているのは4番です。

4 .レールクランプは、屋外に設置されたクレーンが作業中に突風などにより逸走することを防止する装置のため、任意の位置で取り付けが可能です。

1 .同一ランウェイの2台のクレーンの間に、どちらかの一方のクレーンにリミットスイッチを取り付け、これによりクレーン同士が接近したときにリミットスイッチが作動し、衝突を防止することができます。

2 .クレーンの衝撃力を緩和する装置には、バネ式、または油圧式が一般に使われています。

3 .レバー形リミットスイッチは、クレーンフック上部が当たることによって作動するスイッチとなっているため、ワイヤーロープを交換したことによるロープに長さが多少変化しても影響がなく、再調整は不要です。

5 .走行レールの車輪止めの高さは、車輪が超えることが無いよう、車輪の軸中心より高くする必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1 .正しいです。

リミットスイッチ式衝突防止装置は、同ーランウェイの2台のクレーンの相対する側に腕を取り付け、これにより接近したときリミットスイッチを作動させ、衝突を防止します。

2.正しいです。

衝突時の衝撃力を緩和する装置には、ガーダの両端にばね式又は油圧式の緩衝装置があります。

3.正しいです。

レバー形リミットスイッチを用いた巻過防止装置は、ワイヤロープを交換したとき、スイッチの作動位置の再調整は不要です。

4.誤りです。

レールクランプは、野外に設置されたクレーンが作業中に突風などにより逸走することを防止する装置で、走行路のどの位置でも使用できます。

5.正しいです。

走行レールの車輪止めの高さは、走行車輪の直径の2分の1以上としています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。