過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

クレーン・デリック運転士の過去問 令和3年(2021年)10月 関係法令 問20

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
デリックの運転及び玉掛けの業務に関する記述として、法令上、正しいものは次のうちどれか。
   1 .
玉掛けの業務に係る特別の教育の受講では、つり上げ荷重2tの二又デリックで行う0.9tの荷の玉掛けの業務に就くことができない。
   2 .
デリックの運転の業務に係る特別の教育の受講で、つり上げ荷重6tのスチフレッグデリックの運転の業務に就くことができる。
   3 .
限定なしのクレーン・デリック運転士免許では、つり上げ荷重50tの鳥居形デリックの運転の業務に就くことができない。
   4 .
クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許で、つり上げ荷重7tのガイデリックの運転の業務に就くことができる。
   5 .
玉掛け技能講習の修了では、つり上げ荷重8tのジンポールデリックで行う3tの荷の玉掛けの業務に就くことができない。
( クレーン・デリック運転士試験 令和3年(2021年)10月 関係法令 問20 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
1
評価しない

答えは(1)です。

解説

1.「玉掛けの業務に係る特別の教育の受講では、つり上げ荷重2tの二又デリックで行う0.9tの荷の玉掛けの業務に就くことができない。」は正しいです。

玉掛けの業務に係る特別の教育では、つり上げ荷重1t以上のクレーン・デリックの荷の玉掛けの業務に就くことができません。

2.「デリックの運転の業務に係る特別の教育の受講で、つり上げ荷重6tのスチフレッグデリックの運転の業務に就くことができる。」は誤りです。

デリックの運転の業務に係る特別の教育では、つり上げ荷重5t以上のデリック運転の業務に就くことができません。

3.「限定なしのクレーン・デリック運転士免許では、つり上げ荷重50tの鳥居形デリックの運転の業務に就くことができない。」は誤りです。

限定なしのクレーン・デリック運転士免許では、つり上げ荷重5t以上のクレーン・デリックの運転の業務に就くことができます。

4.「クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許で、つり上げ荷重7tのガイデリックの運転の業務に就くことができる。」は誤りです。

クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許では、デリックの運転業務に就くことができません。

5.「玉掛け技能講習の修了では、つり上げ荷重8tのジンポールデリックで行う3tの荷の玉掛けの業務に就くことができない。」は誤りです。

玉掛け技能講習修了では、つり上げ荷重1t以上のクレーン・デリックの荷の玉掛けの業務に就くことができます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このクレーン・デリック運転士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。