過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「衛生管理技術」の過去問を出題

問題

理学的消毒法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a.煮沸で刃物類を消毒する場合、刃先が互いに触れ合わないように注意する。
b.蒸気でタオルを消毒する場合、水洗いしてから固く絞って横に並べると熱の伝導が早い。
c.煮沸でシェービング用レザーを消毒する場合、消毒後、湯の温度が下がるまで取り出さずにおく。
d.紫外線でコーム類を消毒する場合、互いに重なり合わないように配置する。
   1 .
aとb
   2 .
bとc
   3 .
cとd
   4 .
aとd
( 第27回 美容師国家試験 衛生管理技術 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
正解は、4です。

a 煮沸で刃物類を消毒する場合、刃先がお互いに触れ合わないように注意します。

b 蒸気でタオルを消毒する場合、水洗いしてから固く絞ると熱の伝導が遅くなります。

c 煮沸でシェービング用レザーを消毒する場合、100℃の沸騰したお湯に2分間以上沈めておきます。

d 紫外線でコーム類を消毒する場合、お互いが重なり合わないように配置します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は 4 です。


a.煮沸で刃物類を消毒する場合、刃先が互いに触れ合わないように注意する。 ○正しい

b.蒸気でタオルを消毒する場合、水洗いしてから固く絞って横に並べると熱の伝導が早い。 ×誤り
→蒸気でタオルを消毒する場合は、水洗いして固く絞ってしまうと逆に熱の伝導が遅くなります。

c.煮沸でシェービング用レザーを消毒する場合、消毒後、湯の温度が下がるまで取り出さずにおく。 ×誤り
→煮沸消毒の場合、100℃の沸騰したお湯に2分間以上沈めておく。

d.紫外線でコーム類を消毒する場合、互いに重なり合わないように配置する。 ○正しい
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解 4

b cは誤りです。

b蒸気でタオルを消毒する場合、固く絞りゆるく巻き戻し縦に並べておくと熱伝導が速くなります。

cレザーを煮沸消毒する場合、沸騰後2分以上煮沸を行います。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は4です

b.蒸気でタオルを蒸す場合には、水洗いして固く絞ると熱の伝導は遅くなります

c.煮沸で消毒する場合、100℃の沸騰したお湯に2分間沈めておけば良い

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。