過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第27回」の過去問を出題

問題

美容師試験に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
美容師試験は、厚生労働大臣が指定した試験機関に実施に関する事務を行わせることができる。
   2 .
美容師試験は、都道府県知事が指定した美容師養成施設を卒業した者でなければ受けることができない。
   3 .
美容師試験の合格者に対して合格したことを証する証書が交付される。
   4 .
筆記試験又は実技試験のいずれかに合格した者は、引き続いて行われる次回の美容師試験に限り、申請によりその合格した試験が免除される。
※ 理容師法、美容師法の改正(平成28年4月1日施行)により、養成施設の指定は厚生労働大臣ではなく、都道府県知事が行うことになりました。
この設問は2013年(平成25年)に出題された設問となります。
参考1
参考2
( 第27回 美容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
正解は2です。

美容師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣が指定する美容師養成施設を卒業する必要があります。
卒業後に美容師国家試験を受験し、合格者は免許申請をし、美容師名簿登録をすることができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解 2

「都道府県知事が指定した美容師養成施設」×
正しくは
「厚生労働大臣が指定した美容師養成施設」○

誤りを選ぶので他は全て正解です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は、2です。

1 美容師試験は、厚生労働大臣が指定した試験機関に実施に関する事務を行わせることができます。

2 美容師試験は、都道府県知事が指定した美容師養成施設で定める期間以上美容師になるのに必要な知識及び技能を習得したものが受験できます。

3 美容師試験の合格者に対して合格したことを証する証書が交付されます。

4 筆記試験又は実技試験のいずれかに合格した者は、引き続いて行われる次回の美容師試験に限り、申請によりその合格した試験が免除されます。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は 2 です。

美容師法に、「美容師試験は、学校教育法 (昭和二十二年法律第二十六号)第九十条 に規定する者であって、都道府県知事の指定した美容師養成施設において厚生労働省令で定める期間以上美容師になるのに必要な知識及び技能を修得したものでなければ受けることができない。」

とあるように、

「美容師養成施設を卒業した者」ではなく、「厚生労働省令で定める期間以上美容師になるのに必要な知識及び技能を修得したもの」が正解です。

※参照
美容師法、第四条(昭和三十二年六月三日法律第百六十三号)
改正:平成二六年六月一三日法律第六九号
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。