過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第30回」の過去問を出題

問題

美容師法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
美容の業務の適正化を図ることを目的としている。
   2 .
美容業の振興を図ることを目的としている。
   3 .
公衆衛生の向上に資することで国民全体の利益を図っている。
   4 .
美容師の資格を定め、資格をもった者でなければ美容の業は行えないものとしている。
( 第30回 美容師国家試験 関係法規・制度 問1 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
正解は2で誤った文章です。
1,3,4は正しい文章です。

1.美容師法は美容の業務の適正化を図ることを目的としています。これは美容師法第一条「この法律は、美容師の資格を定めるとともに、美容の業務が適正に行われるように規律し、もつて公衆衛生の向上に資することを目的とする。」と定められているためです。

2.美容師法は美容業の振興を図ることを目的としていません。美容師法にはこのことは明記されていません。

3. 美容師法は、公衆衛生の向上に資することで国民全体の利益を図っています。これは、美容師法第一条「この法律は、美容師の資格を定めるとともに、美容の業務が適正に行われるように規律し、もつて公衆衛生の向上に資することを目的とする。」と定められているためです。

4.美容師法では、美容師の資格を定め、資格をもった者でなければ美容の業は行えないものとしています。これは、美容師法第六条「美容師でなければ、美容を業としてはならない。」と定められているためです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解2
美容師法は美容師法は、美容師の資格を定め、美容業務が適正に行われるよう規律し、公衆衛生の向上に役立てるために制定された法律です。
美容業の振興を図ることは目的とされていません。


評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は2です。

1 美容師法では、美容の業務の適正化を図ることを目的としています。

2 美容師法では、美容業の振興を図ることを目的としているとは明記されていません。

3 美容師法では、公衆衛生の向上に資することで国民全体の利益を図っています。

4 美容師法では、美容師の資格定め、資格をもった者でなければ美容の業は行えないものとしています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。