過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第32回」の過去問を出題

問題

美容師免許に関する次の文章の (  ) 内に入る語句の組合せのうち、正しいものはどれか。

「美容師法は、美容師として必要な ( A ) を備えている者に資格を与え、無資格者が美容の業を行うことを禁止するとともに、業を行うにあたっての ( B ) の基準や ( C ) 等を定め、これらの遵守により公衆衛生の向上に資することを目的としている。」
   1 .
( A ) 知識・技能 --- ( B ) 施設・設備 ---- ( C ) 衛生措置
   2 .
( A ) 管理能力   --- ( B ) 施設・設備 ---- ( C ) 経営方法
   3 .
( A ) 知識・技能 --- ( B ) 統一料金   ---- ( C ) 経営方法
   4 .
( A ) 管理能力   --- ( B ) 統一料金   ---- ( C ) 衛生措置
( 第32回 美容師国家試験 関係法規・制度 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は、1です。

美容師法は、美容師として必要な ( 知識・技能) を備えている者に資格を与え、無資格者が美容の業を行うことを禁止するとともに、業を行うにあたっての ( 施設・設備 ) の基準や ( 衛生措置 ) 等を定め、これらの遵守により公衆衛生の向上に資することを目的としています。

このような類の設問は、暗記してしまうとスムーズに問題を解くことができます。
基本の部分なので、覚えてしまいましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない
正解は 1 です。

美容師法は、美容師として必要なA「知識・技能」を備えている者に資格を与え、無資格者が美容の業を行うことを禁止するとともに、業を行うにあたっての B「施設・設備」の基準やC「衛生措置」等を定め、これらの遵守により公衆衛生の向上に資することを目的としている。 
評価後のアイコン
評価する
-1
評価しない
答えは1です。

【美容師法】には次のことが書かれています。
・美容師試験は、美容師として必要な知識及び技能について行います。
・美容師でなければ、美容の業をしてはいけません。
・美容師は、美容の業を行う時は、衛生上必要な措置を講じなければいけません。
・美容所の開設者は、美容所につき、衛生上必要な措置を講じなせればいけません。

※美容師法に、(料金)(経営方法)については書いてありません。


A:知識・技能
B:施設・設備
C:衛生措置

よって、1が正しいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。