過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第43回」の過去問を出題

問題

美容師法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
公衆衛生の向上に資することを目的としている。
   2 .
美容師の資格を定め、免許を持たない者が美容を業としてはならないと定めている。
   3 .
美容業の振興を図る方策について定めている。
   4 .
美容の業務が適正に行われるよう規律している。
( 第43回 美容師国家試験 関係法規・制度 問1 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない

答えは3です。

美容師法の一番始めに、美容師法の目的が書いてあります。

「この法律は、美容師の資格を定めるとともに、美容の業務が適正に行われるように規律し、もって公衆衛生の向上に資することを目的とする。」

1、

美容師法に、

「公衆衛生の向上に資することを目的にする」と、書いてあります。

よって、正しいです。

2、

美容師法に、

「美容師の資格を定める」と、書いてあります。

つまり、美容師試験のことや、美容の資格を持ってないと美容の業が出来ないことが書いてあります。

よって、正しいです。

3、

美容業の振興とは、美容業を盛んにすることという意味です。

美容師法には、振興については書いてありません。

よって、間違いなので、これが正解になります。

4、

美容師法に、

「美容の業務が適正に行われるように規律する」と、書いてあります。

つまり、美容の業務に講ずべき措置や罰則が書いてあります。

よって、正しいです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。