過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第35回」の過去問をランダムに出題

問題

着物及び着付けに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
女性の腰ひもは必ず体の中心で結ぶ。
   2 .
男性の着物には、身八つ口がある。
   3 .
体の凹凸は、長襦袢を着た上からタオルやコットンを使って補整する。
   4 .
小柄な人には帯の幅は狭く、お太鼓は小さくする。
( 第35回 美容師国家試験 美容理論 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は4です。
小柄な人には帯の幅は狭く、お太鼓は小さくするので正解です。
腰ひもは、左右どちらかに紐の中心を当てて、そのまま後ろで交差させて、前で結ぶというのが基本です。
身八つ口は女性と子供の着物にしかありません。
体の凹凸は、長襦袢を切る前に補整します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は4です。


1 . 女性の腰ひもは体の中心では結ばないので、間違いです。
胃など内臓を圧迫してしまうことがあるためです。

2 . 男性の着物には、身八つ口がないので間違いです。
身八つ口があるのは、女性物と子供物の着物です。

3 . 体の凹凸は、肌襦袢や裾よけを着た上からタオルやコットンを使って補整するので、間違いです。
補正をした上に長襦袢を着ます。

4 . 設問の通り、小柄な人には帯の幅は狭く、お太鼓は小さくした方がバランスが良いです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1 誤っています。
腰ひもは体の中心を避けて結びます。
結び目が心臓部やみぞおちなどにあたると体の具合が悪くなる原因となるので注意が必要です。

2 誤っています。
身八つ口は男性の着物にはありません。
女性と子供の着物だけにあります。

3 誤っています。
体の補整は、長襦袢ではなく肌襦袢を着た上から行います。

4 正しいです。
設問の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。