過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第39回」の過去問をランダムに出題

問題

準礼装に該当する着物は、次のうちどれか。
   1 .
留袖
   2 .
付け下げ
   3 .
小紋
   4 .
紬(つむぎ)
( 第39回 美容師国家試験 美容理論 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正解は2です。

1 留袖は「礼装」といい、冠婚葬祭に出席する際に着用する正式な装いです。
 黒留袖、色留袖があります。

2 正しいです。
付け下げは、「準礼装」として着用できます。
正式な場や、あらたまったお出かけの際に着るのに向いています。

3 小紋はフォーマルではなく、おしゃれ着(カジュアル)として着用します。
 
4 紬(つむぎ)は街着、普段着として着用します。
 
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:2

----------
着物の格式は3つです。

●礼装(もっとも格式高い。婚礼など)
留袖、振袖、喪服

●準礼装(晴れやかなお呼ばれの場所に)
訪問着、色無地

●略礼装
付け下げ、小紋


なお、紋のあり・なしでも格式は変わります。


評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は、2です。


1.留袖は、既婚女性が着る着物で、最も格の高い礼装に分類されます。
3.小紋は、正装ではありません。比較的カジュアルな着物です。
4.紬は、糸を先に染めてから布を織る絹織物です。比較的カジュアルな着物です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。