過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「第41回 旧」の過去問をランダムに出題

問題

留袖の着付けに関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
帯揚げや帯締めは、通常色柄を用いる。
   2 .
帯の折り幅は、若い人の場合は狭くする。
   3 .
体型補整は、長襦袢(じゅばん)を着せてから行う。
   4 .
衣紋の抜きの基本は、にぎりこぶし1個が入る程度とする。
( 第41回 旧 美容師国家試験 美容理論 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1 の解説
●帯揚げ
・慶事には白無地。
・色留袖の場合は、着物に合った淡い色のもの。
・振袖には総絞り。
・喪服用は黒、白無地。
●帯締め
・凶事用には主に黒。

2 .帯の折り幅は、若い人の場合は広くします。

3 .体型補整は、長襦袢(じゅばん)を着る前に行います。

4 .衣紋の抜きの基本は、にぎりこぶし1個が入る程度とします。
※「衣紋を抜く」とは、後ろ衿と首の間の空間を大きくすることです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
答えは4です。

和装の歴史は古く、年齢や体形やTPOで臨機応変に対応して着ることも多いです。
その為、基本や通常があやふやになりやすく、答えを迷いやすい問題です。
4択の場合、一番間違っている(もしくは当たっている)答えを探してください。

【留袖】には、
黒地の黒留袖と、黒地以外の色地の色留袖があります。
黒留袖は既婚女性が着る和装で、最も格式の高い第一礼装になります。


1.
黒留袖の時は、艶のある白色や金銀の帯揚げ、帯締めが好ましいです。
お茶会や食事会などで色留袖を着るときは、無地の帯締め、帯揚げを着物や帯に合わせて選びます。
よって、(通常色柄を用いる)→(通常無地を用いる)の間違いです。

2.
帯の折り幅は、着ている着物、年齢、身長などによって変わってきます。
通常、若い人は幅広くします。
よって、(狭くする)→(広くする)の間違いです。

3.
着物の着方の順番は、
肌着を着る→体型補整→長襦袢を着る→留袖を着る→帯を結ぶ
よって、(長襦袢を着てから行う)→(長襦袢を着る前に行う)の間違いです。

4.
衣紋の抜きとは、着物の後ろ襟(衣紋)を引き下げて、襟足を出すことを言います。
基本はにぎりこぶし1個程度です。
年齢、着物、TPOに合わせてその抜き方も変えていきます。
よって、正しいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。