過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

美容師「感染症」の過去問をランダムに出題

問題

O−157による腸管出血性大腸菌感染症に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
感染経路は、飲食物等を介しての経口感染である。
   2 .
病原体は、熱に対して弱い。
   3 .
潜伏期は、約30日である。
   4 .
病原体は、ベロ毒素を出すのが特徴である。
( 第42回 美容師国家試験 感染症 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
答えは3です。

大腸菌は、家畜やヒトの町内にも存在し
そのほとんどは害がありません。
しかし、中にはヒトに下痢などの症状を引き起こす
大腸菌があり、病原性大腸菌と呼ばれます。
病原性大腸菌は約170種類ありますが
そのうち、ベロ毒素を生産し
出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群を起こすものは
「腸管出血性大腸菌」と呼ばれます。
代表的なものはO(オー)157、O26、O111などです。
また、重症化するものの多くはO157です。


1、
飲食物を介した経口感染がほとんどで
菌に汚染された飲食物を摂取するか
患者の糞便で汚染されたものを口にすることで感染します。
よって、正解です。

2、
腸管出血性大腸菌は75℃で1分間加熱すれば死滅します。
よって、正しいです。

3、
潜伏期は4〜8日です。
通常の細菌性食中毒(数時間〜3日程度)より長いのが特徴です。
よって(約30日)→(4〜8日)の間違いです。

4、
腸管出血性大腸菌感染症の原因菌は、「ベロ毒素」
を発生させる大腸菌です。
よって、正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
答えは3です。

【腸管出血性大腸菌感染症】とは、
病原体は、Oー157などの腸管出血性大腸菌です。
食中毒の一つです。
有害な大腸菌を病原性大腸菌といい、非常に強い毒素のベロ毒素を作る病原性大腸菌を、腸管出血性大腸菌と言います。
感染経路は、経口感染です。
潜伏期間は、2~8日間です。
症状は、軽度の下痢、激しい腹痛、水様便、血便です。


1、
感染経路は、経口感染で、家畜や感染者の糞便に汚染された飲食物を口にすることです。
よって、正しいです。

2、
腸管出血性大腸菌は、食品の中心部まで、75℃以上1分以上加熱すると良いとされています。
よって、正しいです。

3、
潜伏期間は、2~8日間と言われています。
よって、(30日間)→(2~8日間)の間違いです。

4、
腸管出血性大腸菌の特徴は、非常に強い毒素のベロ毒素を作ります。
このベロ毒素は、出血性の下痢を起こし、重篤な溶血性尿毒症症状群を引き起こします。
よって、正しいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この美容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。