過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「ボイラーの取扱いに関する知識」の過去問を出題

問題

ボイラーの蒸気圧力上昇時の取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
点火後は、ボイラー本体に大きな温度差を生じさせないように、かつ、局部的な過熱を生じさせないように時間をかけ、徐々にたき上げる。
   2 .
ボイラーをたき始めると、ボイラー本体の膨張により水位が下降するので、給水を行い常用水位にする。
   3 .
蒸気が発生し始め、白色の蒸気の放出を確認してから、空気抜き弁を閉じる。
   4 .
圧力計の指針の動きを注視し、圧力の上昇度合いに応じて燃焼を加減する。
   5 .
圧力計の指針の動きが円滑でなく機能に疑いがあるときは、圧力が加わっているときでも、圧力計の下部コックを閉め、予備の圧力計と取り替える。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年4月公表 ボイラーの取扱いに関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
22
評価しない
1. 正しいです。点火後のボイラーは、不同膨張を避けるために、大きな温度差や局部加熱を生じさせないようにするため、徐々に炊き上げます。

2. 誤っています。ボイラーを焚き始めると、ボイラー内の水の温度は高くなり、そこで給水を行うと、その温度差により異常応力が発生し、破損の原因となる恐れがあります。

3. 正しいです。ボイラーの焚き始めには、空気抜き弁を開いておき、圧力が上昇し、白色の蒸気が放出されるようになったら、空気抜き弁を閉じます。

4. 正しいです。ボイラーの蒸気圧力上昇時では、圧力計の指針に注目し、背面を指先で軽くたたくなどして、圧力計がきちんと機能しているか確認し、圧力の上昇度合いに応じて燃焼を加減しなければなりません。

5. 正しいです。圧力計に異常がある場合は、下部コックを閉めて速やかに予備の圧力計と交換し、圧力を確認します。圧力計は壊れやすいので定期的な確認が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は 2 です。

ボイラーをたき始めると、ボイラー水の膨張により水位が上昇するため、水位の変動を気にする必要があります。

1. 点火後は、ボイラー本体に大きな温度差を生じさせないように、かつ、局部的な過熱を生じさせないように時間をかけ、徐々にたき上げます。局部的な過熱はボイラーの損傷につながります。

3. 蒸気が発生し始め、白色の蒸気の放出を確認してから、空気抜き弁を閉じます。空気の逃げ道を作ることで、異常燃焼の時の事故を防ぎます。

4. 圧力計の指針の動きを注視し、圧力の上昇度合いに応じて、燃焼を加減します。特にたき始めは圧力変動が大きいです。

5. 圧力計の指針の動きが円滑でなく機能に疑いがあるときは、圧力が加わっているときでも、圧力計の下部コックを閉め、予備の圧力計と取り替えます。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1.正解です。
点火後はボイラー本体に大きな温度差を生じさせないように、かつ、局部的な過熱を生じさせないように時間をかけ、徐々にたき上げます。局部的に過熱すると、ボイラーが損傷します。

2.誤っています。
ボイラーをたき始めると、ボイラー本体の膨張により水位が上昇します。下降ではありません。

3.正解です。
記載の通り、蒸気が発生し始め、白色の蒸気の放出を確認してから、空気抜き弁を閉じます。

4.正解です。
圧力計の指針の動きを注視し、圧力の上昇度合いに応じて燃焼を加減します。

5.正解です。
圧力計の指針の動きが円滑でなく機能に疑いがあるときは、圧力が加わっているときでも、圧力計の下部コックを閉め、予備の圧力計と取り替えます。
ちなみに、ボイラー点火前は圧力計の指針の位置を確認しましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。