過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「平成27年4月公表」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 40
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 40
クリア

合格者一覧へ
温度及び圧力について、誤っているものは次のうちどれか。
 1 . 
セルシウス(摂氏)温度は、標準大気圧の下で、水の氷点を0℃、沸点を100℃と定め、この間を100等分したものを1℃としたものである。
 2 . 
セルシウス(摂氏)温度t[℃]と絶対温度T[K]との間にはT=t+273の関係がある。
 3 . 
760mmの高さの水銀柱がその底面に及ぼす圧力を標準大気圧といい、1013hPaに相当する。
 4 . 
圧力計に表れる圧力を絶対圧力といい、その値に大気圧を加えたものをゲージ圧力という。
 5 . 
蒸気の重要な諸性質を表示した蒸気表中の圧力は、一般に絶対圧力で示される。
( 二級ボイラー技士試験 平成27年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1. 正しいです。「標準大気圧(1気圧)下で水が氷になる(個体になる)温度を0℃、水が沸騰する(気体になる)温度を100℃」と定義している温度がセルシウス温度です。1℃はこれを百等分したものです。

2. 正しいです。絶対温度(T)は「T=0 Kで原子・分子が熱運動をしなくなる温度」として定義されています。温度は原子・分子の熱運動の大きさを表す値です。セルシウス温度では、原子・分子が熱運動しなくなる温度がt = -273℃なので、0 K= -273℃ となり、絶対温度T(K)=セルシウス温度t(℃)+273(℃) となります。

3. 正しいです。「トリチェリの実験」において、標準大気圧の圧力値は実証されています。その値は約1013hPaであり、1気圧と定められています。

4. 誤っています。圧力計は標準大気圧(1013hPa)を0として扱います。圧力計の中の絶対圧力計では真空状態を0としています。ゲージ圧力は圧力計におけるゼロの値を大気圧(1013hPa)の値としていますので、「圧力計値0=大気圧」となります。

5. 正しいです。蒸気表の圧力値0は、真空状態を示しているので絶対圧力で示されています。
評価後のアイコン
2018/06/24 11:06
ID : owvxrcrz
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。