過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「平成28年4月公表」の過去問を出題

問題

熱及び蒸気について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
水の飽和温度は、標準大気圧のとき100℃で、圧力が高くなるほど高くなる。
   2 .
水の温度は、沸騰を開始してから全部の水が蒸気になるまで一定である。
   3 .
飽和蒸気の比エンタルピは、飽和水1kgの気化熱である。
   4 .
飽和蒸気の比体積は、圧力が高くなるほど小さくなる。
   5 .
飽和水の蒸発熱は、圧力が高くなるほど小さくなり、臨界圧力に達すると0になる。
( 二級ボイラー技士試験 平成28年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
正解は 3 です。

飽和蒸気の比エンタルピは、飽和水1kgの全熱量です。

1 水の飽和温度は圧力が高くなるほど高くなり、低くなるほど低くなります。

2 水の温度は沸騰を開始してから全部の水が蒸気になるまで水から水蒸気へと状態が変化することに吸収した熱が使われるので温度は上がりません。

4 飽和蒸気の比体積は圧力が高くなるほど小さくなり、低くなるほど大きくなります。

5 蒸発熱は潜熱とも言い、飽和水が水蒸気になるときに使われる熱で、圧力が高くなるほど小さくなり、臨界圧力に達すると水が液体の状態を保てなくなる、つまり水から水蒸気になるために熱を加えなくてもよくなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.正解です。
水の飽和温度は標準大気圧のとき100℃で、圧力が高くなるほど高くなります。逆に、圧力が低くなるほど、低くなります。

2.正解です。
水の温度は沸騰を開始してから全部の水が蒸気になるまで一定です。その時発生する熱を蒸発熱といいます。

3.誤っています。
飽和蒸気の比エンタルピは、飽和水1kgの全熱量です。

4.正解です。
記載の通りです。飽和蒸気の比体積は、圧力が高くなるほど小さくなります。

5.正解です。
飽和水の蒸発熱は圧力が高くなるほど小さくなり、臨界圧力に達すると0になります。飽和水とは、水+蒸気のことで、全て蒸気になると蒸発熱は発生しなくなるので、圧力が高くなるほど小さくなります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1.正しいです。
記載の通り、水の飽和温度は標準大気圧のとき100℃で、圧力が高くなるほど高くなります。

2.正しいです。
水の温度は沸騰を開始してから全部の水が蒸気になるまで変化しません。

3.誤っています。
飽和蒸気の比エンタルピは飽和水1kgの全熱量です。

4.正しいです。
飽和蒸気の比体積は圧力が高くなるほど小さくなります。

5.正しいです。
飽和水の蒸発熱は、圧力が高くなるほど小さくなります。出題されやすいので、覚えておきましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。