過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「平成29年4月公表」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 40
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 40
クリア

合格者一覧へ
ボイラーの水循環について、誤っているものは次のうちどれか。
 1 . 
水循環が良いと熱が水に十分に伝わり、伝熱面温度は水温に近い温度に保たれる。
 2 . 
丸ボイラーは、伝熱面の多くがボイラー水中に設けられ、水の対流が容易なので、特別な水循環の系路を構成する必要がない。
 3 . 
水管ボイラーは、水循環を良くするために、水と気泡の混合体が上昇する管と、水が下降する管を区別して設けているものが多い。
 4 . 
自然循環式水管ボイラーは、高圧になるほど蒸気と水との密度差が大きくなり、循環力が強くなる。
 5 . 
水循環が不良であると気泡が停滞したりして、伝熱面の焼損、膨出などの原因となる。
( 二級ボイラー技士試験 平成29年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は 4 です。

高圧になるほど蒸気と水の密度差は小さくなるため、循環力が弱まります。

1 水循環が良いと熱が水に十分に伝わり、ボイラー水の温度が均一になるため、伝熱面の温度は水温に近い温度を保ちやすくなります。

2 丸ボイラーの場合ドラム内を水が自由に移動しやすいため水循環の経路を構成する必要はありません。

3 水管ボイラーは丸ボイラーと比べてボイラー水が通る管が細いため、水循環を良くするために経路を構成する必要があります。

5 水循環が不良であると、気泡が動きづらくなるため、局所的に過熱されたり、膨出するなどの原因となります。
評価後のアイコン
2018/08/20 21:30
ID : kjgxwkdeco
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。