過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「令和2年4月公表」の過去問を出題

問題

温度及び圧力について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
セルシウス(摂氏)温度は、標準大気圧の下で、水の氷点を 0℃、沸点を 100℃ と定め、この間を100等分したものを 1℃ としたものである。
   2 .
セルシウス(摂氏)温度 t[ ℃ ]と絶対温度 T[ K ]との間には t = T + 273.15 の関係がある。
   3 .
760 mm の高さの水銀柱がその底面に及ぼす圧力を標準大気圧といい、1013 hPa に相当する。
   4 .
圧力計に表れる圧力をゲージ圧力といい、その値に大気圧を加えたものを絶対圧力という。
   5 .
蒸気の重要な諸性質を表示した蒸気表中の圧力は、絶対圧力で示される。
( 二級ボイラー技士試験 令和2年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
正答は「2」です。

設問は、温度と圧力について問われています。

以下に、設問ごとに説明します。

 1.セルシウス(摂氏)温度は、標準大気圧の下で、水の融点を 0℃、沸点を 100℃ と定め、この間を100等分したものを 1℃ と定義されたものです。

 2.セルシウス(摂氏)温度 t[ ℃ ]と絶対温度 T[ K ]との間には T = t + 273.15 の関係があります。
   反対に、絶対温度[ K ]から273.15を差し引いた温度がセルシウス温度[ ℃ ]になります。
   セルシウス温度[ ℃ ]と絶対温度[ K ]の目盛間隔は同じです。

 3.760 mm の高さの水銀柱がその底面に及ぼす圧力を標準大気圧といいます。
   標準大気圧は、1013 hPa に相当します。

 4.圧力計に表れる圧力をゲージ圧力といい、大気圧がゲージ圧力0と表示されています。
   ゲージ圧力に大気圧を加えたものが、絶対圧力と呼ばれています。

 5.蒸気の重要な諸性質を表示した蒸気表中の圧力は、絶対圧力で示されます。
   これは、計算するためには絶対圧力で表示する必要があるからです。

以上の説明により、選択肢2が誤っていることがわかります。

正答は「2」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.正解です。
問題文のとおりです。摂氏〇度、〇℃で示されます。

2.誤りです。
問題文の式が、逆になっています。セルシウス温度に、273.15を加えた値が、
絶対温度(k)になります。

3.正解です。
トリチェリの実験が有名です。大気圧の押す力で
水銀柱が、
760mmの高さになる事を示しています。

4.正解です。
ゲージ圧力(ゲージが示す圧力)に、標準大気圧を加えた値を絶対圧力と言います。

5.正解です。
蒸気の圧力線図は、絶対圧力で示されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。