過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

ボイラー室に設置されている胴の内径が750mmで、その長さが1300mmの立てボイラー(小型ボイラーを除く。)の場合、その外壁から壁、配管その他のボイラーの側部にある構造物(検査及びそうじに支障のない物を除く。)までの距離として、法令上、許容される最小の数値は次のうちどれか。
   1 .
0.30m
   2 .
0.45m
   3 .
0.80m
   4 .
1.20m
   5 .
2.00m
( 二級ボイラー技士試験 令和3年10月公表 関係法令 問40 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない

正解は、 2 です。

ボイラー室の規制に関する問題です。

『本体を被覆していないボイラー又は、立てボイラーは、ボイラーの外壁から、壁、配管などのボイラー側部にある構造物までの距離を0.45m以上としなければならない。』(ボイラー及び圧力容器安全規則第20条)となっています。

問題文のボイラーは、0.45m以上に該当します。

他に、ボイラーと天井までの距離1.2m以上や、燃料とボイラーとの距離2.0m以上(固体燃料は、1.2m以上)など、細かい規制があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解は,2です。

ボイラーの据付位置に関する問題です。

ボイラー及び圧力容器安全規則 第二十条 ボイラーの据付位置は以下の通りです。

第二十条 ボイラーの据付位置

(1)ボイラー最上部から天井,配管,その他上部にある構造物までの距離を1.2m以上とする。ただし,安全弁その他の附属品の検査及び取扱いに支障がないときは,この限りでない。

(2)本体を被覆していないボイラーまたは立てボイラーは,外壁から壁,配管,その他側部にある構造物までの距離を0.45m以上としなければならない。ただし,胴の内径が500mm以下で,かつ、その長さが1,000mm以下のボイラーについては,この距離は0.3m以上とする。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。