過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「平成28年4月公表」の過去問をランダムに出題

問題

ボイラー(移動式ボイラー、屋外式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を設置するボイラー室について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
伝熱面積が5m2の蒸気ボイラーは、ボイラー室に設置しなければならない。
   2 .
ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則としてlm以上としなければならない。
   3 .
ボイラー室には、必要がある場合のほか、引火しやすい物を持ち込ませてはならない。
   4 .
立てボイラーは、ボイラーの外壁から壁、配管その他のボイラーの側部にある構造物(検査及びそうじに支障のない物を除く。)までの距離を原則として0.45m以上としなければならない。
   5 .
ボイラー室に、障壁設置等の防火措置を講じることなく燃料の重油を貯蔵するときは、これをボイラーの外側から2m以上離しておかなければならない。
( 二級ボイラー技士試験 平成28年4月公表 関係法令 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
正解は 2 です。

ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則として1.2m以上としなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.正解です。
伝熱面積が3m2を超える蒸気ボイラーは、ボイラー室に設置しなければなりません。

2.誤っています。
ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則として1.2m以上としなければなりません。

3.正解です。
ボイラー室には必要がある場合のほか、引火しやすい物を持ち込ませてはなりません。爆発する危険性があります。

4.正解です。
立てボイラーはボイラーの外壁から壁、配管その他のボイラーの側部にある構造物(検査及びそうじに支障のない物を除く。)までの距離を原則として0.45m以上としなければなりません。

5.正解です。
固体燃料の場合は、1.2m以上離しておかなければなりません。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.正しいです。
伝熱面積が3m2以上の蒸気ボイラーは、ボイラー室に設置しなければなりません。

2.誤っています。
ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則としてl.2m以上としなければなりません。

3.正しいです。
火災及び爆発の恐れがあるからです。

4.正しいです。
但し、金属以外の不燃材料で覆う場合は、0.3m以上になりますので、覚えておきましょう。

5.正しいです。
固体燃料の場合は、1.2mになります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。