過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「平成30年10月公表」の過去問をランダムに出題

問題

ボイラー( 小型ボイラーを除く。)について、そうじ、修繕等のため運転停止後間もないボイラー( 燃焼室を含む。)の内部に入るとき行わなければならない措置として、法令に定められていないものは次のうちどれか。
   1 .
ボイラーを冷却すること。
   2 .
ボイラーの内部の換気を行うこと。
   3 .
ボイラー内部の酸素濃度を測定すること。
   4 .
ボイラーの内部で使用する移動電線は、キャブタイヤケーブル又はこれと同等以上の絶縁効力及び強度を有するものを使用させること。
   5 .
使用中の他のボイラーとの管連絡を確実にしゃ断すること。
( 二級ボイラー技士試験 平成30年10月公表 関係法令 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
3.誤っています。

運転停止後間もないボイラー( 燃焼室を含む。)の内部に入るとき行わなければならない措置として法令で定められているのは、問題文の1,2,4,5.になります。
3.も大事なことであり、作業内容としては間違ってませんが、法令では定められていません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
酸素濃度を測定することは法令で定められてはいません。

そのほかの選択肢は法令で定められていますので覚えておきましょう。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正答は「3」です。

設問は、ボイラ( 小型ボイラを除く。)について、そうじ、修繕等のため運転停止後間もないボイラ( 燃焼室を含む。)の内部に入るとき行わなければならない措置について問われています。

設問については、ボイラー及び圧力容器安全規則(以下、規則といいます)第34条に記載されています。

以下に、選択肢ごとに説明します。

 1.ボイラーを冷却すること。
  (規則第34条第1号)

 2.ボイラーの内部の換気を行うこと。
  (規則第34条第1号)

 3.ボイラ内部の酸素濃度を測定することは、安全のために推奨されるべき事項ではありますが、法令には定められておりません。

 4.ボイラの内部で使用する移動電線は、キャブタイヤケーブル又はこれと同等以上の絶縁効力及び強度を有するものを使用させること。
  (規則第34条第3号)

 5.使用中の他のボイラとの管連絡を確実にしゃ断すること。
  (規則第34条第4号)

以上の説明により、選択肢3が誤っていることがわかります。

正答は「3」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。